きもの大好きなこぶたのブログ

きものが大好きで、できるだけたくさん、きものを着て過ごしたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


質問です!

今日の私のブログは、とってもシンプルです。

写真もないんですが、以前から、どうしてもみなさんに質問したくて、ずーっと抱えていたことがあります。

今日は、思い切って、質問させていただきます!



みなさんは、帯を結ぶのは、どうやって結んでいますか?


いろいろな方法がありますよね。
帯結びの方法を、教えてください!


私は、2とおりです。


1 ひねる方式。(市田ひろみさんの教えている方法)

2 最初にお太鼓を作っておいて、それを背負ってから、帯をお腹に巻きつける方式。
  (これだと、短い帯でも結べます。)



2のやり方の方が、今は多いです。
お太鼓の形を、きれいに作りやすいからです。



みなさんは、どんなふうにしていらっしゃるのかな?

もしよかったら、教えてください。
スポンサーサイト
その他

0 TrackBacks
16 Comments

Comment

私は

通常は折り上げるやり方です。森田空美さんが教えていらっしゃるやり方ですね。
以前ねじるやり方もやっていましたが、帯が傷むような気がして、日本和装の無料着付け教室でも折り上げるやり方だったので、ずっとそうしています。

着付けの時間がギリギリの時や、短い帯で柄が出しにくい時などは、君野倫子さんの本『きもの便利帖』に載っている、クリップで作る作り帯のやり方のこともあります。

そして、自作の二部式の時は、胴を巻いて紐で結び、お太鼓を背負って、その都度お太鼓の形を仮紐で作って仕上げます。

20年以上昔に初めて着付けを習った時に、お太鼓が簡単にできる器具というか道具をすすめられて、それを買ったのですが、使わなくなったらやり方を忘れてしまいましたよ(笑)
2013/03/31(Sun) 23:26:52 | URL | 露草 [ Edit]

わたしも露草さんと同じで森田さんの帯結びで折あげています。
くるりさんの着付けの本もこれと同じです。
ただ私の締め方がいつも緩いのか?ずれてくるので帯留め金具を帯の後ろしたに
とめています。
お太鼓を先に作っておくのは便利ですね。
お太鼓は自然な形にできますか?
わたしこそ教えてください、ながくててこずる帯があるのです!
2013/04/01(Mon) 07:50:54 | URL | しゃおん [ Edit]

露草さん、ありがとうございます。

折り揚げるやり方ですね。
やっぱり、それが1番いいみたいですね。

私が最初に教わったのが、ねじるやり方で、これは簡単でした。
ただ、やっぱり、ぎゅーっと帯を握りしめて、かなり強くねじるので、何度もやっていると、絶対に帯がいたみますよね。
しわも残るし。
それに、お太鼓が大きくできてしまう気がします。

私がやっているのは、クリップで作る作り帯のやり方と、ほぼ同じです。
これは、帯が短くても結べるし、お太鼓の形も簡単にきれいにできます。
厳しい着付けの先生から習ったのが、このやり方です。
ただ、お腹の前にくる柄の位置を、ちょうどよく調節するのが難しい、という欠点があります。

私も、折り上げるやり方を練習しようかな、と思います。
2013/04/01(Mon) 08:48:06 | URL | 。*こぶた*。 [ Edit]

しゃおんさん、ありがとうございます。

しゃおんさんんも、折り上げるやり方ですね。

森田さんも、大久保さんも、笹島さんも、石田だんも、くるりさんも、そうですよね。
やっぱり、折り上げる方法が多いですよね。

緩めで、長く着ていると崩れてくるときには、しゃおんさんのように、「帯留金具を帯の後ろ下にとめる」というのは、いい考えですね!!
なるほどです。

お太鼓の形を作るのは、先に背負うやり方だと、簡単にきれいにできます。
私は以前、お太鼓の形を作るのがへただったんですが、新しいこのやり方を習ってから、うまくいくようになりました。

2013/04/01(Mon) 08:53:06 | URL | 。*こぶた*。 [ Edit]

わたしは2のやり方を教室で習いました!1はちゃんと習ったことがないので本やDVD見るだけじゃできない気がします(汗)

こぶたさんのおっしゃる通り、2だとポイント柄のとき苦戦しますね…
どんな帯でも対応できます!って言えるようになりたーい(笑)
2013/04/01(Mon) 18:08:53 | URL | やまり [ Edit]

こんにちは

膀胱炎、私も少し前に初めてなってしまったのでお気持ちよ~くわかります(>_<)
辛いですよね、あの痛み・・

帯結びは私はキモノスイーツの講師の方から教わったのでねじる・・やり方でしょうか?
確かに痛むかもしれないですね。

もう一つの結び方もマスターしたいな~!
2013/04/01(Mon) 18:18:07 | URL | くーこ [ Edit]

やまりさん、ありがとうございます。

2のやり方の人も、けっこういるみたいですよね。

私は、2でやって、お太鼓柄のときに、お腹の前のちょうどよいところに、なかなかうまく柄がきません。
うしろでちょっと、余分の帯をつまむんですよね。
それが、うまくいかないことが多いです。

全通柄や六通柄なら、とっても簡単にできて、いいんですけどね。

折り上げるやり方を、なんとか身につけたいと思います。
2013/04/01(Mon) 22:07:16 | URL | 。*こぶた*。 [ Edit]

くーこさん、ありがとうございます。

キモノスイーツというところでは、ねじる方法ですか!!

私は、初めて習ったのが、ねじる方法だったので、けっこう愛着があります。
でも、なかなかお太鼓の形がきれいにできません。
それに、短い帯だと、結べません。

どのやり方も、一長一短あるみたいですよね。

膀胱炎、これからも気をつけて生活していきます!!
お互い、気をつけましょうね!!
2013/04/01(Mon) 22:10:19 | URL | 。*こぶた*。 [ Edit]

出前きつけのうまっちです。
私は、自分でするときは装道の折り上げ方式ですが
帯が短いときは、中ざくらさんの「簡単帯結び」http://happy.ap.teacup.com/applet/hayasaku/msgcate12/archiveを知ってから
2番のやり方を教えています。
柄出しも分かり易く説明されているので、上手に出来ますよ。
コクヨのクリップを使いますが、手軽に購入出来るので、便利です。


他装の場合は、折り上げ方式でも2通りのやり方です。
振袖も折り上げです。
帯が短いときや、堅いとき、特に丸帯などは、振り袖と同じ折り上げでやっています。
ですから、ほとんどこの方法です。
手先は折り上げず、胴まわりの分だけ折り上げるので、帯が長く使えます。


以前は他装の時も装道の折り上げ方式でしたが、今はたまに使うぐらいです。




2013/04/03(Wed) 17:13:07 | URL | 出前きつけ [ Edit]

ワタクシは

折り上げる方ですね。
最近は仮紐が面倒になってクリップを使いますが
基本的には折り上げです。
ねじる、結ぶは帯が痛むのでやりませんが
飾り結びをする時は結びます。

2の方法も帯が短い時は使います。
2013/04/03(Wed) 19:11:00 | URL | まお [ Edit]

出前きつけのうまっちさん、ありがとうございます。

そうです、中ざくらさんのやり方と、同じです!!
このやり方を習ってから、お太鼓の形を上手に作れるようになりました。

お腹の前に、ちょうどよく柄を出すには、クリップを使えばいいんですね。
なるほど!!です。
私も、よく見て、練習してみます。
よいことを教えていただきました!!

他装にも、使えるんですね。

私は、折り上げ式も、挑戦してみたいです!!
2013/04/03(Wed) 19:53:07 | URL | 。*こぶた*。 [ Edit]

まおさん、ありがとうございます。

まおさんも、折り上げ式ですね。

私は、以前、本などで知って、折り上げ式に挑戦してみたことがあります。
そのときは、うまくいかず、やめてしまいました。
でも、だんだん、折り上げ式ができたらいいな、と思うようになりました。

帯がいたまないし、お太鼓がすっきりとできますもんね。

私もこれから、挑戦してみようと思っています。

まおさんは、2のやり方も使いこなしていられるんですね。
2013/04/03(Wed) 19:55:48 | URL | 。*こぶた*。 [ Edit]

こぶたさんは、どこが上手くいかなかったのでしょう?
①仮紐を結ぶところ?
②折り上げるところ?
③仮紐を結んでも帯が緩む

この辺りのどれかでしょうか?
2013/04/06(Sat) 16:59:59 | URL | まお [ Edit]

こぶた

私がうまくいかなかったところは、折り上げるところです。
写真のとおりに、折り上げることができませんでした。

写真で見て、なんとなくやって、うまくいかず、すぐにやめてしまったんです。

みなさんのご意見をうかがって、また挑戦してみようと思います。
ぜひ、折り上げ方式を身につけたいです!!
2013/04/06(Sat) 20:08:54 | URL | 。*こぶた*。 [ Edit]

折り上げの部分ですね。
まず手先を下におろします(この時、帯と手先は垂直に近いです)
降ろした手で手先を押さえたたまま、たれを折りあげます。
完全に上げれなくても大丈夫ですよ。
折りあげた手は放さず、手先を押さえていた手で仮紐を結び
前に回して帯の上で結びます。
(手先の端がたれの折りあげる始まりになります)
おたいこを作った後、枕の下の帯を広げます。
体型によってこの部分が多い人は内側に▽に近い台形に折りこみます。
これが腰の補正になります。

意味つながりますかしら?
2013/04/06(Sat) 21:41:16 | URL | まお [ Edit]

まおさん、ありがとうございます。

以前の私は、わけもわからず、あきらめていました。

でも、今なら、まおさんの説明していらっしゃること、イメージとして目に浮かべることができます!!

やってみますね!!

腰の補正になる、というのは、なるほど!!です。
確かに、そうですね。

2013/04/06(Sat) 22:19:39 | URL | 。*こぶた*。 [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://humihikodon.blog.fc2.com/tb.php/96-634e8570
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。