きもの大好きなこぶたのブログ

きものが大好きで、できるだけたくさん、きものを着て過ごしたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


おばあちゃんからもらった着物

おばあちゃんからもらった着物4つです。

おばあちゃん紬4つ

1番上から順に、結城紬らしいものと、「いまいち紬」と、黒の単衣の大島、黒地に赤い模様の入った袷の大島です。




いまいち紬は、「着心地がいまいち」という意味です。

見た感じは、私好みの水色なんですが、着ると、ごわごわして、浮き上がるし、いまいちな着心地なんです。

他の3着は、着心地最高!という感じです。



同じ絹、同じ紬といっても、いろいろあるんだな、ということを、最近になって知った私です。

「いまいち紬」は、おうち着物にしちゃおうかな、と思っています。






それから、おばあちゃんバッグ2つです。

おばあちゃんからもらったがまぐちバッグと、おばあちゃんの羽織で作った利休バッグです。

洋服のときにも使って、愛用しています。

おばあちゃんバッグ

おばあちゃんからもらったものは、他に、思い出もあるんだな、ということに、最近気付きました。



自分が、なんとなく割烹着が好きなこととか、襦袢の好みとか、ブログで露草さんからのご質問にこたえている中で、自分の特徴に気付きました。

そして、そのルーツが、小さいころにおばあちゃんと一緒に過ごした体験からきているんだ!!ということに気付いたとき、いいもんだな、と思いました。



この着物を着ているときとか、バッグを持っているときとか、なんだかおばあちゃんも一緒にいるような気がして、心があったまります!!



ところで、おうち着物は、かなり慣れてきました。

この調子で続けていきます。

次は、上のような、絹の着物を着たいんです。

それには、まだ慣れていません。

お茶を習いに行くときに、着物で行こうと決意しました。

まず、明日です。

うまくいかなくてもいいので、とにかく続けてみたいと思います。

みなさんも、いろいろアドバイスしてくださいね!!



昨日の夜、コーデに悩んで、いろいろと試してみました。

もう何回も着て、へとへとになり、着方とかが変ですが、ごめんなさい。

黒赤大島白帯

色が、実際より紫っぽくなってしまっています。

本当は、茶色い感じの着物なんですよ。

黒赤大島白帯後ろ
黒赤大島白帯コーデ

この前の、100円帯なんですけど、これ、けっこう合います。

次は、古着で買った、アンティークっぽい赤いランの帯です。

黒赤大島赤蘭

お太鼓の形とか、むちゃくちゃですが、コーデを考えている最中ということで、お許しくださいね。

白いランの方を出すか、赤いランの方を出すか、悩んでいます。

黒赤大島赤蘭後ろ白
黒赤大島赤蘭後ろ赤

写真だと、紫がかった真黒に見えますが、実際には、着物は茶色に見えるし、帯はもう少し明るい赤です。

黒赤大島赤蘭コーデ



本当は、もっとたくさん、いろいろ試してみたんですが、候補として残った組み合わせは、この2つです。

おとなしめの感じで、上の白帯の方にしようかな?

煎茶道東阿部流です。
スポンサーサイト
きもの

0 TrackBacks
6 Comments

Comment

こんにちは

おばあさまからのきものやバッグがいくつもあって、うらやましいです。私の祖母も父方・母方どちらもずっときものを着ていましたが、私がきものに全然興味なかった頃に亡くなったので、思い出以外残っていません。その思い出もきもののことより、食べ物のこととかばかりです(笑)
思い出と共にきものやバッグも大切にして、でも大切にし過ぎずに使ってくださいね♪

お茶のお稽古、毎回きもので行くなら考えたコーデを順番に着て行けますね!
手始めはおとなしく100円帯で、蘭の帯は 寒い時期は赤い蘭メインで、暖かくなったら爽やかに白い蘭メインにするのはどうかしら?
それとも、明日ならギリギリ(お稽古なら)水仙帯がしていけるのでは?
2013/02/13(Wed) 16:17:26 | URL | 露草 [ Edit]

おばあさまからのお着物どれも思い出がありすてきですね・・バックも・・お洒落です。100円の帯にぶっくり・・赤い蘭を出された方がお太鼓が綺麗にできてますね・・私はいろいろ頭でイメトレしていても
朝の気分で替えたりもしますよ・・上の白の帯もすっきりして甲乙つけがたいですね~
2013/02/13(Wed) 19:26:48 | URL | しゃおん [ Edit]

露草さん、ありがとうございます。

おばあちゃんは、けっこう長生きしたんですが、12年間くらい、難病のために寝たきり生活だったんです。
たぶん、そのため、晩年は着物を着れなくて、かなりよい状態で保存されていたんだと思います。

その着物をもらったので、これはなんとしても、私が着なくちゃ!!と思い、一念発起したわけです。

本当は、水仙帯をしたいところなんですが、このお茶の先生が、先回、「水仙柄を使うのは、2月の初めまでだよ!」と、力強くおっしゃっていたので、残念ですが、お稽古には水仙柄を着ていかないつもりです。
おでかけ着物には、まだまだ使うつもりです。

寒い時期に赤いラン、暖かくなったら白いランというアイデア、いいですね、いただきますよ!!
2013/02/13(Wed) 20:52:55 | URL | 。*こぶた*。 [ Edit]

しゃおんさん、ありがとうございます。

アドバイス、ありがとうございます。

おばあちゃんの着物とバッグ、私は本当に大好きです。
ただ、着こなすのは、まだまだこれからです。

絹ものを着る、ということに、これから挑戦してみたいので、今後もよろしくお願いしますね。

最後の最後まで、よく考え、迷い続けて、楽しみながら決めたいと思います。
2013/02/13(Wed) 20:55:11 | URL | 。*こぶた*。 [ Edit]

こぶたさんは「おばあちゃん子」ちゃんだったのですね!
お着物やバッグと一緒に思い出も受け継がれているのがとっても素敵です☆

お茶のお稽古には着物が良いですよ。
ワタシの場合、帯で姿勢が良くなりますし、先生から「帯締めの高さで」と言われた時にもスッと頭に入ります♪
2013/02/14(Thu) 00:06:48 | URL | アラタケ [ Edit]

アラタケさん、ありがとうございます。

着物をもらった瞬間から、なんだか、おばあちゃんがむしょうに懐かしくなりました。
着物って、いいものですね。

お茶のお稽古に、着物を着て行くぞ、と決めたとたん、とってもやる気が出てきました。
お茶のために行くというよりも、着物を着るために行くような、そんな感じです。
第一の目的が、着物の方にあるような・・・。

お茶のためにも、プラスになるでしょうかね。
2013/02/14(Thu) 00:15:49 | URL | 。*こぶた*。 [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://humihikodon.blog.fc2.com/tb.php/54-617f264e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。