きもの大好きなこぶたのブログ

きものが大好きで、できるだけたくさん、きものを着て過ごしたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


半衿

今日は、私の半衿のことをご紹介します。

私は、着物を着るうえで、3つの大きな困難を抱えています。

     ① すごい汗かきであること。

     ② 手が長いこと。(68cmがちょうどいいです。66cmでも大丈夫。)

     ③ 色が黒いこと。




この3つは、ごまかしようのない事実です。

特に色が黒いこと、これで、小さいときから苦労しました。





でも、色が黒くても、着物を楽しむんです!!




色が黒い人は、着物の色に気をつけなくてはなりません。

同じピンクでも、自分の肌の色に合うピンクと、合わないピンクがあり、オレンジでも、ブルーでも、どんな色でもそうなんです。

微妙なニュアンスで、自分の肌の色に合ったり、合わなかったりするのです。

色の白い人も、多少はそうなんでしょうけど、色が黒い場合、特にすごーく合わない色というものがたくさんあるんですね。



でも、くじけることはありません。

ちゃんと自分に合う色を選べば、大丈夫。



私がお手本にする方は、いろいろいらっしゃいますが、オバマ大統領夫人。

あの方は、あんなに黒くても、ものすごーくすてきです!!

あとは、ピーター(池畑慎之介)さん。(おしゃれですよね。)

ちょっとお二人とも、極端なんですが、でも、この方々を思うと、励まされます。



ちょっと前置きが長くなりましたが、そこで、私の半衿です。


半衿は、顔のすぐ近くにあるので、やっぱり色には注意します。


だから、白っぽいものばかりになってしまいます。


白半衿
白衿


娘に貸した、白地に白い刺繍の半衿。(洗えるポリです。)
振袖えりもと


きくちいまちゃん半衿。
いま衿


きものほのかさんの木綿半衿。
ほのか衿

ちょっと、写真のサイズが違っていて、ごめんなさい。


この他に、ベージュ色のものと、薄黄緑色のものとがあります。(今、すぐには見つかりませんでした。)


こんなふうに、白に近いものをちょっぴりしか持っていません。


皆さんのように、いろいろなきれいな濃い色の半衿に挑戦する勇気が出ないでいるところです。



普通の布などを使って、これから練習してみようかな、と思っています。
スポンサーサイト
きもの小物

0 TrackBacks
12 Comments

Comment

こぶたさん、おはようございます。
半衿も、ほんと星の数ほど〜〜〜っていうと大げさですが
集めるとキリがないんでしょうね。
浅草のリサイクル屋さんで、着物のはぎれをカットで売っていて、聞いてみると半衿にする人が多いので
置いてあるんですよって言っていました。
好きな人はこうして使うんだ〜と感心しました。
こぶたさんも裄が長いのですね〜実は私もなのです。年のわりには大きくて長い!
でも、探すといろいろとあるのでは期待を持って頑張るわぁ。
普段着物なら、色付き半衿でも大丈夫かなぁと思っていますが、それで私も先日挑戦しちゃいました。
おリボン柄の半衿可愛いですねぇ〜〜♪

2013/01/30(Wed) 08:21:06 | URL | マミー [ Edit]

こぶたさん、そんなに色黒にはみえませんよ~
私はそんなに黒くないのですけどなぜか色半襟がにあいません。
なので白か白地に刺繍物しかつかいません。

アンテークの布などでみなさんお洒落に工夫されていると素敵だなって
思います。
桜の刺繍のお襟。。このみ!です。
2013/01/30(Wed) 08:29:19 | URL | しゃおん [ Edit]

マミーさん、ありがとうございます。

浅草のリサイクル屋さんに行って、はぎれを見てみたいです!!

半衿は、まだ私には高度な技で、これから少しずつ考えていこうと思います。
私の色黒肌に合う半衿、あるかな?

裄、長いです!!
古着のほとんどは、裄が合いません。
たまーに、自分の裄に合う古着を見つけると、感動します。
昔にも、こんなに手の長い女の人がいたのか! と思ってね。
2013/01/30(Wed) 08:39:27 | URL | こぶた [ Edit]

しゃおんさん、ありがとうございます。

父に似て、色黒なんです。
私が生まれてきてすぐ、母は「うわ、色が黒い!」と驚いたんですから。

でも、負けずに着物生活を楽しみます!!

色黒でなくても、色半衿が苦手という方はいらっしゃるんでしょうね。

私の着付けの先生は、絶対に無地の白半衿じゃなければダメ!! という方だったので、習っている人も、それに従っていました。

でも、そろそろ、いろいろな半衿に挑戦してみたいと思っています。
2013/01/30(Wed) 08:44:26 | URL | こぶた [ Edit]

私も

裄が長いですよ。私はベストは69か70くらい。でも普段着は短くてもいいことにしちゃってます。

半衿に関しては、こぶたさんにアドバイスできるような私ではありません。私も色柄半衿は苦手で、白っぽい無地っぽいものばかりですからf^_^; かといって白半衿ばかりでもなくて、生成・ごく薄いピンク・薄い黄色(クリーム色)の無地か、織柄や無地っぽい柄の木綿洋服地を使うことが多いです。

色柄半衿初心者が使うような半衿ばかりですね(^_^;)でも合わせやすいし使いやすいと思います。
それから、ハギレでは「絞り」も使いやすいですよ。しぼを伸ばすと白い部分が多くなるので。それに縫い付けた時に絞りはシワが目立ちにくいんです。
2013/01/30(Wed) 10:16:55 | URL | 露草 [ Edit]

露草さん、ありがとうございます。

裄が短いなら、もっともっと、着れる着物がふえるのにな、と思いますが、でも、そうなると、私は誘惑に負けて買ってしまいます。

だから、裄が短くて、買えない着物が多くて、よかった!! と思うことにしています。(負け惜しみ?)


半衿については、みなさんもけっこう、私と同じお悩みを抱えていらっしゃる方が多いんでしょうか?
そう思うと、なんだか励まされます。
露草さんのアイデアは、いつも参考になって、助かります。
私も、絞りの半衿に挑戦してみようかな?!
楽しみです。
2013/01/30(Wed) 11:48:49 | URL | こぶた [ Edit]

大汗っかきです

アタシもこぶたさんと同じです
めっちゃ汗かきで、、、冬でも汗対策してます
そして裄は1尺8寸1分
色が黒いんです

夏の汗対策なんて、頭フル回転で考えまくってます
葛布は欠かせません

色が黒い人に似合うのが黒の半衿
アタシのお気に入りが黒の半衿です

お互いに、あれやこれや考えましょうね~~~
2013/01/30(Wed) 12:46:08 | URL | タマゴン [ Edit]

タマゴンさん、ありがとうございます。

タマゴンさんもそうなんですか?

けっこう仲間がいることがわかり、うれしいです。
私だけじゃなかったんだ!!

色黒の人に、黒の半衿、試してみますね。
2013/01/30(Wed) 15:56:14 | URL | こぶた [ Edit]

半衿の色

こんばんは。
私も1年中小麦色~♪な色黒さんです(^v^;)
この間パーソナルカラーと言うものを知ったのですが、4タイプのグループがあってたとえばピンクでもスプリングタイプは薄いピンクでオータムタイプはベージュピンクと似合う色が違う。というものです。私はオータムタイプなのですが、やっぱり自分に似合うなぁと思っていた色と合ってましたw(・▽・)b ネットで無料で調べられるので試してみてはいかがでしょうか? 素敵な半衿みつかるといいですね!
2013/01/30(Wed) 20:01:45 | URL | アゲハ [ Edit]

お手軽に綿の布で半襟を作って楽しんでいますが結局好き・・というか
落ち着くのは白系の色かな~とか思ったりします。
なんででしょ、すっきりするからかな~?
2013/01/30(Wed) 21:23:55 | URL | くーこ [ Edit]

アゲハさん、ありがとうございます。

私も知っています。
雑誌やテレビで見ました。
私もオータムタイプです。(もちろん!!)

私は以前、「自分はピンクが似合わない」と思い込んでいました。
でも、このタイプ別を知るようになり、またそれ以前でも自分の経験から、微妙にニュアンスを変えれば自分だってピンクを着ることができるんだ、とわかってきました。
そうしたら、うれしくなりました。

ちょっとくすんだ感じがいいんですよね。
絵具をそのまま使ったような原色みたいなのが、ちょっと似合わないですよね。
アゲハさんも、私のお仲間ですね。
うれしいです。
2013/01/30(Wed) 23:06:37 | URL | こぶた [ Edit]

くーこさん、ありがとうございます。

綿の布を使った半衿、私もやってみたいです。

私は、半衿として売っているものを買って使うことしか考えていませんでした。

これからは、布を見るのが楽しみになりそうです。
2013/01/30(Wed) 23:08:37 | URL | こぶた [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://humihikodon.blog.fc2.com/tb.php/38-adc219d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。