きもの大好きなこぶたのブログ

きものが大好きで、できるだけたくさん、きものを着て過ごしたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


利休バッグ

私は利休バッグがとーっても大好きです。

なんともいえない、あの形。

ぷっくりして、ころっとして、四角くきちんとしていて、そうして結構たくさんのものが入る。

私は、大きめなバッグが好きで、いつもいろいろなものを持ち歩いてしまうんです。

利休バッグは、そんなに大きく見えないのに、かなりたくさんのものを入れることができる。

最高の性能!!



ふつうはお高いですよね。

でも、京都の職人さんに直接つながるネットショップ花やかさんを見つけました。

お手頃な価格で、利休バッグが手に入ります。

私が持っているのは、次の4つです。

①まずは、白いもの。

利休バッグ白

素材はポリです。


②次に、黒いもの。

利休バッグ黒

これも、素材はポリです。


次の二つは、おばあちゃんと母からもらった羽織と夏帯を、作り替えました。

③おばあちゃんからもらった、茶色い羽織から作ったもの。

利休バッグ茶

だから、絹です。

昔の羽織は、なんだか丈が短くて、今ではちょっと着れないものが多いですよね。

それに、裄も短かったので、とても私には着れません。

どうしようかと考えて、利休バッグに作りなおしてもらいました。

渋くて、何にでも合って、お気に入りです。

洋服でも、これを持って出かけたりします。



④最後は、母からもらった夏帯を作り替えたもの。

これも絹です。

利休バッグ水色花

本当にすてきな夏帯だったんですが、汚れがかなりあって、染み抜きやさんに持って行ったら、これはもう使うのは無理だよ、と言われました。

でも、柄のところはとってもきれいだったので、思い切って利休バッグに作りなおしたんです。

お気に入りですが、まだあんまり使っていません。


4つとも、花やかさんで購入しました。

とってもお安くて、普通の洋服用のバッグよりも安くできるくらいです。



今のところ、いかにも和風というものはありません。

和服にも合うし、洋服に合わせても悪くないかな、というものを選んでいます。

そのうち、いかにも和風!! というすてきな利休バッグも、いつかほしいです。

My love 利休バッグです!!
スポンサーサイト
きもの小物

0 TrackBacks
3 Comments

Comment

初めまして♪

初めてコメントさせていただきます。マミーと言います。
去年の2月から着付けを習い始めた初心者なのですが、最近どんどん着物に
ハマってしまいブログ村でこぶたさんのブログを拝見してファンになってしまいました。
利休バック素敵ですね♪
花やかさんのバックなのですね、私もチェックさせてもらおうかなぁなんて思っています。

それから、娘さんの振り袖も可愛い!
実は、うちにも娘がいるのですが、今年成人式で、それこそレンタルで借りて◯万円。
友達の娘さんもセットで◯十万円なんて話もしていました。

着物って高いって思っていましたが、いろいろ工夫して上手に楽しめるといいですね。
お初なのに・・・・長々と失礼しました。
2013/01/08(Tue) 08:15:16 | URL | マミー [ Edit]

Re: 初めまして♪

コメント、ありがとうございます。

マミーさん、読んでいただき、また楽しんでいただいて、本当にうれしいです。

私は、たとえ何かいやなことがあっても、着物のことを考えると、もうそれだけで幸せ気分になれる、という単純な着物大好き人間です。

毎日、きものっていいなー、と思いながら過ごしています。

きものをめぐるあれこれを、ブログに書いてみようと思い、生きがいと楽しみがふえました。

それをもとに、またお友達がふえてきて、本当に驚きながら、喜んでいます。

これからもよろしくお願いしますね。
2013/01/08(Tue) 09:06:49 | URL | 。*こぶた*。 [ Edit]

こんにちわ♪

先日はコメントをありがとうございました。
利休バックのリメイク素敵ですね。
実は私も母から譲られた帯で、どうにも締めないであろう帯があるので利休バックにしたいと考えているところです。
花やかさんですね。チェックしてみます。
2013/01/10(Thu) 10:05:36 | URL | ゲン♪♪ [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://humihikodon.blog.fc2.com/tb.php/15-e53e0e21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。