きもの大好きなこぶたのブログ

きものが大好きで、できるだけたくさん、きものを着て過ごしたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


「初音」柄

「初音」という柄について、ウィキペで軽く調べてみました。

「初音」で、「鼓」が関連してくると、どうも、歌舞伎の「義経千本桜」のお話に結びついているみたいです。

初音の調度柄

「初音の鼓」というのを、静御前が持っていて、その鼓の革が親狐のものらしくて、子狐が義経に化けて、なんだかいろいろお話が展開するらしい、ということがわかりました。

でも、この図柄にある笛とか、松竹梅とか、五文銭とか、その他のあれこれの意味は、あいかわらずわかりません。

これは実際に歌舞伎を見てみないと、なんとも言えませんね。

その歌舞伎を見ると、わかるのかな?

いつか、「義経千本桜」を見てみたいです。

でも、長いみたいだから、一回ですぐにわかるのか、どうか・・・?

ちょっと自信がないですが、いつか挑戦してみたいです!

調べて、少しずつわかってくると、このきものに愛着がわいてきますね。



それから、昨日、実家に行ってごちそうを食べてきたんですが、食べ終わって、食器などを片付けるときにお手伝いをしますよね。

そのときに着用した割烹着をご紹介します。

青割烹着

ちょっと、写真だとわかりにくいかもしれませんが、ポリの紺色の割烹着です。

けっこう長めで、きものをすっぽりと守ってくれます。

これも満点スリップたかはしさんで買ったものです。

満点スリップたかはしさんのファンですね、私は。


これだと、遠出するときにバッグに入れてもしわにならないし、くるくると丸めるとかなり小さく、コンパクトにまとめることができて便利なんです。

それに、紺色の久留米絣の上に着ると、同じ紺色だからなんとなくなじむ感じがするんです。

前には白い割烹着を持っていたこともあるんですが、そうすると、紺色の上にいきなり白の割烹着をはおったら、やっぱり色が突然に変わるので、とっても驚かれたことがあったんです。

紺色の割烹着を着たときには、あんまりびっくりされなくて、それまでの流れのままに、自然にお手伝いができます。

それで、お正月の必需品になっています。

ポリだと、汚れもあまり気にしなくていいし、軽いし、便利です。

割烹着とか、ひっぱりとか、こういうものにも、とっても燃えます。

そんなにたくさんは持っていないのですが、それでも、どれを着ようかと考えていると、楽しいです。

せっかくだから、楽しまなくちゃ!!
スポンサーサイト
きもの

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://humihikodon.blog.fc2.com/tb.php/10-2294f945
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。