きもの大好きなこぶたのブログ

きものが大好きで、できるだけたくさん、きものを着て過ごしたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


お運びしてきました。

昨日は、お運びの手伝いに行ってきました。

お茶会着物92です。

写真だと赤に見えますが、実際は、茶色です。

袷色無地
袷色無地後ろ

なんかね、お茶会は、色無地なら間違いないそうで、毎回、同じのでいいから、色無地で来なさい、とのことです。

それなら、今回の袷の色無地と、前回の単衣の色無地で、これからやっていけますね。



今回は、小さな会だったので、ちょっと楽でした。
スポンサーサイト
お茶会着物

0 TrackBacks
8 Comments

新潟市民茶会、無事に終わりました!!

新潟市民茶会、無事に終わりました!!

みなさん、ご心配くださって、ありがとうございます!



直前まで袷の着物を準備していましたが、もうどうしても私には無理だ!と思ったので、単衣で行くことを決意し、実行しました!



すごい汗かきの私は、1週間前の暑い日に、脱水症状になりました。

今日も無理して、またあんな、脱水症状になっちゃったりしたら、かえって皆さんにご迷惑をおかけしてしまうでしょう。

ここは、強行突破してしまうしかない、と私は考えました。


そして、知らん顔して実行しちゃったんです。



怒られたって、笑われたって、まあいいや!という気になったんです。

こういう体質なので、お許しください、と言って、あやまっちゃおうと思いました。




でも、だれも気付かず、何も言われませんでした。

みんな、忙しすぎて、そんなことにかまっている余裕はなかったんです。

お客さんの中のだれかは、もしかしたら気付いて、あきれていたかもしれませんが、文句を言ってくるような方はいませんでした。



むしろ、暑いから、単衣の方が自然だったんじゃないかな。




実力行使、強行突破、けっこうやっていけるかも!




こうやって、だんだん風習を変えていく人がふえれば、そういう習慣ができていくのかもしれない!と思いました。

やった!!




時間にゆとりがなかったので、あまりしっかりした写真を撮ることができませんでしたが、私が着たのは、緑がかった水色の単衣色無地(東レシルック)。
紋はなし。

二部式袋帯。

こんな感じの茶会着物87です。
お茶会こぶた
お茶会こぶたです。

写真で見ると、グレーですが、実際は、かなり派手な水色です。



新潟市民茶会は、規模の大きさでは日本最大の市民茶会の一つだそうです。
(私もはじめて知りました。)

14会場、10流派くらい。

すごく盛況でした。

今日1日で、私たちのところの茶席で320人のお客さんが席に入られました。

用意したお菓子とお土産は、ぎりぎり、全部使いました。
(間に合ってよかった!)



朝から初めて11席。

ものすごくがんばりました。

運びまくりました。



合間におすしの折詰を昼食として食べ、おいしかった!!



地元のイベントのお手伝いをすることができて、うれしいです。

へとへとですが、脱水症状・熱中症にはなりませんでした。

5時ころには自宅へ帰り、夕ご飯の準備もできました。

めでたしめでたしです。



かわいらしい女の子(たぶん中学生)も、お手伝いに来てくれました。
はなやか!!


中国人留学生の方も来られて、とても楽しく参加していかれました。


お席の様子は、こんな感じです。
華やか床飾り
はなやか系の床飾りですね。

お手前の様子は、こんな感じ。
準備中のところ
準備中のところを写真に撮ったため、ちょっとまだ、結界が曲がっていたりしています。
ごめんなさい。

みんなで協力してがんばりました!



今日の新潟市は、お着物姿のすてきな方々がたくさん行き交っていました。

お客さんたちのすてきなお着物の写真を撮りたかったんですが、もう今日のこぶたには、そのゆとりがありませんでした。
残念です。


お茶の味にいやされ、イベントが無事に終了して、満足なこぶたでした。

すごく元気が出てきました。

やっぱり、着物っていいな!
お茶会着物

0 TrackBacks
12 Comments

再び、お茶会着物62

なんと、今日も、お茶会でした。

でも、お客さんとして参加してきたので、気楽で、楽しかったです。

多少、飲み方がわからなくったって、なんとかなるものです。




ここのところ、裏方ばかりやっていたので、お客さんの側から眺めることは、とても新鮮でした。

友人というか、尊敬する先輩なんですが、別の市にお住まいの方で、同じ煎茶の東阿部流に入っていたことがわかり、「ぜひ、この日のお茶会に来て!」と誘われたんです。




新潟市の隣の市、新発田市に行ってきました。
(赤穂浪士の一人、堀部やすべいさんの出身地です。)

お寺の本堂でのお茶会でした。

広々して、涼しかったです。



新発田市は城下町で、古くからお茶も盛んです。

だから、とても盛り上がっていました。



お寺のたくさんある通りで、それぞれの流派が、お寺でお茶席をもつんです。

そして、その通りには、たくさんの出店がならび、にぎやかなお祭りみたいなんです。

やっぱり、城下町は違うな!と思いました。
(新潟市は商業の町ですから。)



新発田茶会出店
遠く、着物の人が歩いているんですが、小さすぎて、よく見えないですね。

新発田茶会寺
このお寺で、お茶席に入らせていただきました。
(あまり写真を撮ってこなくて、すみません。)

お道具やお茶碗は、江戸時代のものでした。
すごい!

江戸時代の小さなお茶碗が、きれいに残っているのも驚いたし、それを使っちゃって、私などが飲んじゃって、ちょっと感動しました。



気楽に参加することができて、のびのびした私です。

こんなお気楽着物で行ってきました。

市松のポリと、黒地の市松帯です。
(市松×市松が、案外、マッチしました。)

お茶会着物62
灰ポリ市松に黒帯市松

この帯、難しいですね。
無地の方が、あうかな?
紫コーデ市松

小物は、紫と藤色を使ってみました。

お太鼓は、ちょっと、あまりよくできていないので、お見せしませんね。


すごーくお茶会をがんばったので、当分は、お茶会はもうけっこう! という気分です。

でも、今日で全部、終わった!という感動もあります。
ほっとしました。
お茶会着物

0 TrackBacks
12 Comments

お茶会行ってきました。

お茶会、終わりました。

疲れました。

こっちの帯にしました。

お茶会着物61です。

お茶会着物茶屋辻

着物がごちゃごちゃした柄なので、すっきりした帯の方が合いました。

茶屋辻後ろ

小物類の色を考える時間がなくて、てきとうに選んでしまったので、ちょっと、後悔しています。

前日になって、あわてて考えると、やっぱりイマイチですね。

まあ、失敗も成功のもととして、生かしていきたいと思います。




今日は、暑からず寒からず、私のいる場所は、風通しがよく、過ごしやすかったです。



建物やお庭の写真は撮りませんでしたが、茶席のしつらえの写真を撮ってきました。

お茶会床5月25日
燕喜館しつらえ
5月25日お茶会しつらえ
燕喜館しつらえ盆

お煎茶の楽しみは、こういったお道具のかわいらしさですよね。

お道具がみんな、小さくて、かわいい!



お手伝いは午前中だったので、それが終わって、お席に入って、帰ってきました。

お席では、正客の方(かわいらしいおじいさん)がとてもさわやかで、ユーモアがあって、亭主(すてきなおばあさん)との会話がとても楽しかったです。

こういう正客の方だと、本当に、お茶のおいしさも引き立って、よい印象ですべてが終わりますよね。



ただ、ここのところお茶会が多すぎて、疲れました。

もう当分、お茶会は出なくてもいい、という気分です。

6月は、お茶会がないので、よかった!

のんびり過ごしたいですよ。
お茶会着物

0 TrackBacks
6 Comments

お茶会着物57

今日は、お茶会でした。

前回ほど大きなものではなく、こじんまりしたお茶会でしたが。

でも、やっぱり裏方はてんてこまい。




お茶会って、あひるが泳いでいる感じです。

つまり、外から見ると、静かに止まっているように見えるけど、水面下では、ものすごーく足をバタバタさせて、必死になって動いている。

そういうのが、お茶会だな、と思う今日このごろです。







新潟市の旧小沢邸というところで開かれました。

お庭がきれいで、こんな感じです。

旧小沢亭庭

すごく広いお庭です。

旧小沢亭床の間
鯉の掛け軸でした。

旧小沢亭生花
旧小沢亭かぶと飾り
古いかぶとが展示されていました。



肝心のお茶会の様子を、全然写真に撮ってこなくて、すみません。

私が着たきものは、こんな感じです。

お茶会着物57です。

青ポリ
青ポリ後ろ

今回は、裏方仕事だし、雨降りだし、ということで、青色ポリにしました。





私のポリコレの中では、かなりいいものです。


私が自分で買うのは、リサイクルが多いです。

リサイクルとなると、当たりはずれがありますよね。

それも、ネットで買うと、本当に、当たりはずれが大きいです。



はずれでショック・・・という経験もありますが、当たりでうれしい!ということもあります。


この青ポリは、当たりの方でした。

品質が、とっていいです。
だから、着心地もいいです。



ただ、こんなに品質がいいのに、柄が、絣風ですよね。

どんなときに着たらいいんだ!!という感じで、中途半端で、あまり着なかったんです。

でも、今回のような、お茶会の裏方にはピッタリでした!!
お茶会着物

0 TrackBacks
4 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。